ペルシャ更紗 | Gallery Takimoto and Cafe

ペルシャ更紗とは?

ペルシャ更紗はイスファハン更紗、ペルシャ語でガラムカールと呼ばれ、ペルシャ(現イラン)の古都イスファハンに於いて、400年以上前から作り続けられてい更紗です。

※更紗:更紗(サラサ)は、インドが起源の、木綿地に多色で文様を染めた製品、及び、その影響を受けてアジアヨーロッパなどで製作された類似の文様染め製品を指す染織工芸用語。英語のchintzに相当する。大航海時代にインドから各地へ広がった[1]日本ではインド以外の地域で製作されたものを、産地によりジャワ更紗、ペルシャ更紗、日本産は和更紗[1]などと称している。(Wikipedia)

ペルシャ更紗は、木彫りの型に染料を付けて綿布に圧着するブロックプリントと呼ばれる手法によって作られています。

ペルシャ更紗の利用方法

その種類は、サイズ、デザイン、色など、限りなく多様性に富み、人々を魅了しています。
小さいものは、30x50cmのランチョンマットから220x280cmのキングサイズベッドカバーまで用意されています。
その利用例をご紹介します。